3つのEye(瞳・目・愛)光町コンタクト

はじめてコンタクトを装着される方へ

コンタクトレンズにするのは楽しみだけど、ちょっと不安。
はじめてだからこそコンタクトレンズ選びにこだわって、素敵で快適なコンタクト生活をスタートさせてください。
光町コンタクトは広島で一番新患の処方を行っているコンタクト施設なんですよ!
初めてコンタクトするなら”光町コンタクト”を合言葉に、親御さんと一緒に来られる学生さん、初めてコンタクトを作られる若いOLやサラリーマンが多い施設です。

目の安全を第一にお客様の生活スタイルや目にあったコンタクトレンズをお奨めいたしております。
 広島駅からとても近く、一般診療(目の病気の治療・検査等)、眼精疲労治療、コンタクトレンズ診療が信頼できる眼科専門医であります沖本眼科が隣接しております。
ご来店をお待ちしております。 

私達はお客さま一人一人の瞳や生活スタイルを考慮しながら
安心・安全を一番に考えたコンタクトレンズ選びのお手伝いをさせていただきます。

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズ

コンタクトレンズとは、視力を矯正するための高度管理医療機器です。
材料はプラスチックでできており、黒目(角膜)にのせて使います。コンタクトレンズの特長としては、見え方がメガネに比べて自然で、視力矯正力も優れているということがあげられます。また、コンタクトレンズは、白内障術後の患者やメガネの矯正で視力の出ない方にも適応になります。

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズは、ハードレンズとソフトレンズの2種類に分類されます。
コンタクトレンズは、自分のライフスタイルや目の状態に合った種類のレンズを選ぶことが重要です。
実際にコンタクトレンズを使用する場合は、自分の希望を眼科医に伝えた上で、その診断と処方に沿ってレンズを決定してください。
正しく目に合ったレンズを使用することで本来の性能を発揮することができます。

ハードレンズ

ハードレンズ

ハードレンズの特徴は水分をほとんど含まない硬いレンズで、ドライアイ(涙の量が少ない病気)や強度の角膜乱視の人には向いていません。ソフトレンズに比べると少しの圧力をかけたただけでも割れるほど弱く、レンズの大きさが瞳より一回り小さいサイズが主流で瞳から外れやすい構造になっています。
ただ、ソフトレンズに比べると耐久性が優れていて汚れが付きにくく、レンズケアも保存液に浸せば良いだけので取扱いがとても楽です。

ソフトレンズ

ソフトレンズ

ソフトレンズはレンズ自体に水分を含んだレンズで、ハードレンズに比べると軟らかいのが特徴。レンズのサイズも瞳より一回りほど大きいサイズ(13.8~14.5mm)が主流となります。
通常(球面)のソフトレンズは近視矯正用、乱視矯正用、遠近両用コンタクトレンズという老視矯正用、カラーレンズなど種類も豊富です。

ソフトレンズでも長い年数(1年以上)使えるタイプと短期間で使い捨てるレンズとに分かれています。使い捨てるレンズは1日で使い捨てるタイプ・2weekという約2週間で使い捨てるタイプ・1~2か月で使い捨てるタイプがあります。

■1日使い捨て型(ディスポーザブル)

1日使い捨て型

目からはずしたら、再び使わず捨ててしまうタイプです。はずしたら捨ててしまうので、レンズケアが不要です。

1日使い捨てコンタクトのメリットは毎日交換するため、常に新鮮なレンズを使用し目を清潔に保つことができる点です。コンタクト使用による瞳のトラブルの多くは、レンズの衛生面によるものです。レンズケアが不十分であるといったことがその主な原因となるのですが、1日使い捨てコンタクトの場合はそのリスクが限りなく軽減されるわけですから、コンタクト使用による瞳のトラブルもかなり軽減させることができます。
レンズケアのための時間も不要というメリットもあります。毎朝・毎晩の忙しい時や疲れているときにレンズケアをしなければならないという時間と手間を省くことができます。

■2週間交換型(頻回交換型)

2週間交換型
最長2週間で交換するタイプ。 毎日装用してはずすたびに、洗浄・消毒して再使用します

2週間使い捨てコンタクトのメリットは、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに比べるとコストが安く済む点です。レンズケア用品代がかかりますが、毎日新しいものに交換する1日使い捨てタイプと比べるとコストを抑えることができます。

■定期交換型

定期交換型
1ヶ月のサイクルで定期的に交換するタイプ。毎日、装用してはずずたびに、洗浄・消毒をして再使用します。

2週間の使い捨てタイプと使い方はほぼ同じですが、2週間タイプよりもラインナップされている商品数が少なく、選択肢が限られてくるデメリットがあります。外した後のケアが必要ですし、2週間交換型と比較すると衛生面にも注意する必要があります。

■従来型

従来型
コンタクトレンズの寿命がくるまで、使い続けるタイプのことで同じレンズを1~2年使用し続ける使い捨てでないコンタクトレンズです。

使い方によっても異なりますが、一般に従来型コンタクトレンズの寿命は1年半が目安とされています。毎日の洗浄・消毒と定期的なタンパク除去が必要です

従来型コンタクトレンズのメリットは1年間のレンズ代が、 使い捨てコンタクトレンズよりも安いということです。しかし、従来型コンタクトレンズは日々のレンズケアでは落としきれないタンパク汚れを落とすため定期的に、特別なケアをしなければいけません。
また、それでも、何ヵ月も使用するうちに、徐々に汚れが蓄積されていくので使い捨てコンタクトレンズに比べると安全性が低くなってしまいます。


※それぞれに特徴がありますので、自分の目にあったコンタクトレンズを選びましょう。
気軽にご相談ください。

コンタクトレンズの購入方法

コンタクトレンズを購入するためには 医師による診察が必要です
医師により、コンタクトレンズの装用に問題がない目であると判断されてはじめて、コンタクトを目に入れることができます

①問診 目の状態や、コンタクトレンズを装用したい理由等を聞かれます
②データ測定 視力検査や目のカーブの検査など処方に必要なデータを取ります
③医師による適正診断 目の状態や各データ により、コンタクトレンズを装用できるかどうかを総合的に判断します
④レンズ選択 目の状態や生活環境、用途に合ったコンタクトレンズを選択します。
⑤フィッティング検査 テストレンズを装用し、あなたの目に合う度数やレンズの規格を調整します
⑥レンズの決定 購入するレンズを決定。装用の仕方や使い方を教えてもらいます

コンタクトレンズの正しい使い方

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

コンタクトレンズは、デリケートな目に直接のせて使用するものです。目の安全を守るために、レンズの取り扱いには十分注意してください。コンタクトレンズは、必ず眼科医の検査・処方を受けてお求めください。ご使用の前には必ず添付文書をよく読み、正しくお使いください。

レンズケアの必要性

コンタクトレンズを装用していると、タンパク質、脂肪、カルシウムなどの涙液分泌物や化粧品などの汚れがレンズに付着します。
これらの汚れをそのままにしておくと、
■かすみやくもりで見えにくくなる
■装用感が悪くなる
■眼障害をおこす
などの原因となります。取扱説明書をよく読み、正しいケアを行いましょう。


正しいケア

必ず守ってほしいこと

コンタクトレンズは使い方を間違えると目のトラブルの原因になります。
正しい扱い方を知って、トラブルから目を守ることが大切です。

1.装用時間を正しく守りましょう。
2.取扱方法を守り正しく使用しましょう。
3.定期検査は必ず受けましょう。
4.少しでも異常を感じたら、直ちに眼科医の診察を受けましょう。
5.使用期間を守りましょう。
6.添付文書を必ず読んで、正しく使いましょう。

※装用時間には個人差があります。必ず眼科医の指示に従ってください。